沖縄旅行に行く最適な時期とは

人気の沖縄旅行ですが台風シーズンなどもあります。一番過ごしやすい時期等の情報を紹介しています。 - もしもの台風にはこうすること

もしもの台風にはこうすること

沖縄の離島に行っているときに台風にみまわれてしまうということはよくある話です。離島までの道のりは台風のさなかで帰路に着くというほど危険なことはありません。
だって飛行機直行便でいける場所ならばまだしもそうではない場所で船や車が動いていることなど考えられないからなのです。飛行機の欠航は風が強まってすぐに決定します。
地上よりも上空の方がはるかに強風であることは安易に予想できるからなのです。本島に居たとしても飛行機の欠航にはどう頑張っても逆らうことは出来ません、船であれば尚のことです。荒れ狂う海に身投げするに等しい行為といえます。
もしも台風の被害にあってしまったら、ホテルにいつまで滞在可能かを確認することから始めましょう。そして自分が乗るはずだった飛行機のチケットがキャンセルできるのかどうかを確認します。
ここで飛行機の航空チケットをキャンセルせずに居ると、倍の旅費がかかることとなるので注意しましょう。ホテル代は実際泊まる日程以外の宿泊にはやむをえない場合の救済措置があるので、といあわせてみることをお勧めします。
大体何パーセントかの割引で足止めの日にち分は宿泊できるところが多いと思います、ホテルから出られなくなることもあるかもしれませんが、その場合は素直にホテルのスタッフの言うことを聞くようにしましょう。あわててホテルをチェックアウトしないようにしましょう。
台風は一過性のものです。過ぎてしまえば何の問題も無くなるのですから、あまり騒がずに静かに待つようにしましょう。だって現地に行けば分かるはずです、台風に慣れている現地の人は少々の台風では驚きません。
対策をあっという間に施してあとはお酒でも飲んでいればそのうち居なくなるだろう、ぐらいの勢いですごしているのですから。現地の中継で、原付バイクに乗ったおじさんが普通に走っている映像もあったりして、私には衝撃的ですが、現地では当たり前の光景なのでしょう。周りであわてている様子もありませんよね。そもそもあって当たり前なのです。

関連記事: